商人文化の“粋”と“技”が今に息づく町並みでお宝探し

港町八幡浜「町並みウオッチング」 1枚目

  • 港町八幡浜「町並みウオッチング」 1枚目
  • 港町八幡浜「町並みウオッチング」 2枚目
  • 港町八幡浜「町並みウオッチング」 3枚目
  • 港町八幡浜「町並みウオッチング」 4枚目
  • 港町八幡浜「町並みウオッチング」 5枚目

いやしの南予旅行社スタッフ 中島・松本のおすすめポイント

  1. ガイド付きのディープな話も聴ける町並みウォッチング!
  2. 飛行機の父「二宮忠八」のふるさとを巡る
  3. ヨーロッパ風彫刻で装飾されたギリシャ建築を楽しめる

いやしの南予旅行社スタッフ 中島・松本

体験プログラム名 / 概要

港町八幡浜「町並みウオッチング」

港町八幡濱「やわたはま」は明治から大正期に「港」を利用して、商業(あきない)が盛んで「伊予の大阪」と呼ばれました。
中心市街地(まちなか)には当時の面影を残す建物があちこちに残っています。
なかでも見て欲しい「持ち送り(もちおくり)」は商人(あきんど)の心意気と棟梁の技のコラボレーション。案内人と一緒に商人文化・街角のアートをウオッチングして歩きましょう。 
                          特別「二宮忠八コース」            
飛行機の父「二宮忠八」が八幡浜に生まれて、今年は150年となります。慶応2年6月9日(1866年7月20日)- 1936年(昭和11年)4月8日)伊予国宇和郡八幡浜浦矢野町(愛媛県八幡浜市矢野町)出身。
日本で最初に模型飛行機「烏型模型飛行器」を完成して、明治24年4月29日、忠八25歳の春、丸亀練兵場で行われた飛行実験で「動力付き飛行機」を飛ばすことに成功しました。  
二宮忠八の遺した「烏型飛行器」「玉虫型飛行器」「斐光園」などをご案内します。                                                        

料金

料金
個人申込参加
無料業者さんからの申し込み時 1団体20名 2,000円  
料金に含まれるもの
ガイド料
団体割引
キャンセル料

詳細情報

開催日
通年
開催場所
八幡浜市本町1
集合場所
八幡浜市立市民図書館
集合時間
事前打ち合わせの上 
電話番号
0894-26-1161
FAX
0894-26-1161
URL
http://wwwi.netwave.or.jp/~ebisu8/
営業時間
10時~15時
定休日
要連絡
アクセス
要連絡
参加資格
駐車場
有(有料)
体験時間
2時間まで
申込方法・期限
電話・メールで 5日前までに申し込みを受付して応答します。
最小催行人員
1人
最大受入人員
40人
運営主体名
市民ボランティアガイド 八幡濱みてみん會

お申し込みはこちら